読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系ジン

しばらくPythonに力を入れる予定です。

VirtualBoxのWindow 8.1(ゲストOS)をWindows 10にアップグレード

はじめに

Mac(ホストOS)上のVirtualBox(5.0.0 r101573)に、Windows 8.1(ゲストOS)がインストールされている状態から、Windows 10にアップグレードして、その後Windows 10をクリーンインストールするところまで説明します。

Windows 8.1(ゲストOS)がインストール済みの状態から、Windows 10へのアップグレードには、20GB以上の空容量が必要です。あらかじめ確認しておいてください。

作業前には、失敗に備えて、必ずVirtualBoxスナップショットファイルをバックアップしておいて下さい。

この記事は、VirtualBoxホストOS他のOSでも同様であり、ゲストOSWindows 7でも同様であると思います。また、互換性の問題Windows 10にアップグレードできない場合にも(Windows.isoをマウントしてアップグレードする方法が)参考になると思われますが、自己責任でお願いいたします。

この記事の手順は2015年8月上旬に行ったものです。いずれ、記事とは違いが出てくるかもしれません。

Windows 10を入手するアプリからアップグレード→失敗

Windows 8.1(ゲストOS)のタスクトレイに白いWindowsの旗のアイコンWindows 10を入手するアプリがあるはずです。

Windows 10を入手するアプリをクリックして実行すると、Windows 8.1(ゲストOS)では次のように表示され、互換性の問題によりWindows 10にアップグレードできませんでした。失敗です。

f:id:rikeizine:20150822020606p:plain

メディア作成ツールからアップグレード→失敗

Windows 8.1(ゲストOS)からブラウザで、

にアクセスします。

ちなみに、Macから上記サイトにアクセスすると、

にリダイレクトされます(ここからWindows 10のISOファイルをダウンロードできるようですが、私はダウンロードに失敗しました)。

Windows 10ページのツールを今すぐダウンロード(64 ビット バージョン)をクリックして、メディア作成ツールMediaCreationToolx64.exe)をダウンロードします(32ビット版もあります)。

メディア作成ツールMediaCreationToolx64.exe)を実行すると、Windows 10 セットアップが始まります。

Windows 10 セットアップ実行する操作を選んでくださいで、この PC を今すぐアップグレードするを選択し、次へをクリックします。

しばらくすると、何の処理も行われず、メッセージも表示されずWindows 10 セットアップが終了します。

互換性の問題がある場合は、何も処理されず終了するようです。失敗です。

追記(2015年8月29日):この方法でWindows 10へのアップグレードに成功している方もおられるようです。VirtualBoxの設定によっては成功するのかもしれません。

メディア作成ツールからインストールメディアWindows.isoを入手

Windows 8.1(ゲストOS)で、メディア作成ツールMediaCreationToolx64.exe)を実行し、Windows 10 セットアップを始めます。

実行する操作を選んでくださいで、他の PC 用にインストール メディアを作るを選択し、次へをクリックします。

言語、アーキテクチャ、エディションの選択を適当に選択し、次へをクリックします。

使用するメディアを選んでくださいで、ISOファイルを選択し、次へをクリックします。

インストールメディアWindows.isoファイルがダウンロードされます。サイズは3.38GBです。

Windows.isoMac(ホストOS)に置く

VirtualBox共有フォルダー機能を次のようにして有効にしておきます。

  • Windows 8.1(ゲスト0S)を起動した状態で)VirtualBox VMのメニューの[Devices]>[Insert Guest Additions CD image...(Host+D)]を選択してから、エクスプローラーでCDドライブ(D:)VirtualBox Guest AdditionsフォルダのVBoxWindowsAdditionsアプリケーションを実行しインストールします。そして、Oracle VM VirtualBoxマネージャー設定共有フォルダータブからMac(ホストOS)の新規共有フォルダーを適当に追加します。

Windows 8.1(ゲストOS)で、ダウンロードしたWindows.isoファイルをコピーして、エクスプローラーのVM(¥¥vboxsrv)(E:)フォルダへ貼り付けます。これで、Mac(ホストOS)にWindows.isoファイルが置かれます。

Windows.isoVirtualBoxWindows 10(ゲストOS)をインストール→成功するがWindows 8.1(ゲストOS)のプロダクトキーは引き継がれないのでやってはいけない!

注意:Windows 8.1(ゲストOS)をWindows 10にアップグレードする場合は、この作業は行わないようお願いいたします!

Windows 8.1(ゲストOS)をシャットダウンしておきます。

Oracle VM VirtualBoxマネージャーストレージ欄で右クリックして[ディスクイメージを選択...]で、Mac(ホストOS)に置いたWindows.isoを選択します。

Oracle VM VirtualBoxマネージャー設定システムタブのマザーボード(M)タブで起動順序(B):の一番上に光学を設定しておきます。

Windows 8.1(ゲストOS)を起動し、起動プロセスの最初のPress any key to boot from CD or DVD..._表示中に何かキーを押せば、Windows.isoファイルを使って起動し、Windows 10のインストールが始まります。

省略しますが、適当に進めてWindows 10のインストールは成功します。しかし、Windows 8.1のプロダクトキーは引き継がれません!Windows 8.1のプロダクトキーはWindows 10では無効です)Windows 8.1Windows 10にアップグレードする場合はこの手順はやってはいけません!。もしやってしまった場合は、バックアップしてあるはずの元のスナップショットファイルに戻して下さい。

Windows 8.1(ゲストOS)でWindows.isoをマウントしWindows 10にアップグレード→成功

Oracle VM VirtualBoxマネージャー設定一般タブの基本(B)タブで、バージョン(V)Windows 10(64-bit)に設定します(この設定は不要かも知れません)。

Windows 8.1(ゲストOS)を起動し、Windows.isoファイルを右クリックしてマウントします。

ここで、Windows 8.1標準のマウントでは失敗します(Windows 7は標準ではマウントできません)。そこで、何かマウントツールをインストールします。私は無料のVirtual CloneDriveを使いました。これをインストールして、Windows 8.1(ゲスト0S)でWindows.isoファイルを右クリックしてマウントすると、次のように物理BD-ROMドライブとして利用できるようになります。

f:id:rikeizine:20150822023620p:plain

ここにあるsetupアプリケーションを起動します。

Windows 10セットアップが始まります。

詳細は省略しますが、特に問題なくWindows 8.1(ゲストOS)をWindows 10にアップグレードできます。途中、Windows 8.1のプロダクトキーを入力する必要はありません成功です。

Windows 10(ゲストOS)をクリーンインストールしない場合はこれで作業完了です。

Windows 10(ゲストOS)のプロダクトキーを入手

注意:Windows 10(ゲストOS)をクリーンインストールする場合に必要な作業です。

Windows 10(ゲストOS)を起動し、ブラウザで、

にアクセスして、Compressed .ZIP FileまたはSelf-Extracting EXE fileをクリックしダウンロードします。

ダウンロードしたものを実行すると、アップグレードしたWindows 10(ゲストOS)のプロダクトキーが表示されるのでメモします。このプロダクトキーは、Windows 8.1(ゲストOS)のプロダクトキーとは別の文字列になっています。

また、プロダクトIDプロダクトキーとは異なるもので、プロダクトキーとしては使えません

Windows.isoWindows 10(ゲストOS)をクリーンインストール→成功

Windows 10(ゲストOS)のクリーンインストールは、次のどちらかの方法でやったと思いますが忘れてしまいました。どちらの方法でも問題ないはずです。いずれにしても、Windows 10(ゲストOS)のプロダクトキーが絶対に必要です。

  • アップグレードしたWindows 10(ゲストOS)で、Windows.isoをマウントして、setupアプリケーションを実行し、適当に進めて、Windows 10(ゲストOS)をインストール
  • [Windows.isoVirtualBoxWindows 10(ゲストOS)をインストール→成功するがWindows 8.1(ゲストOS)のプロダクトキーは引き継がれないのでやってはいけない!]の項目の手順でWindows 10(ゲストOS)をインストール

途中、先ほどメモしたWindows 10(ゲストOS)のプロダクトキーの入力が求められます。

これでWindows 10(ゲストOS)のクリーンインストール成功です。

Windows.oldフォルダの削除

Windows 10(ゲストOS)のクリーンインストール時に、フォーマットをしなかった場合は、以前のファイルが、CドライブのWindows.oldフォルダに置かれています。

このWindows.oldフォルダが不要な場合は、Windows 10(ゲストOS)で、以下の手順で削除してください。

  • タスクバー左端のスタートアイコンをクリック
  • スタートメニューから[すべてのアプリ]>[Windows管理ツール]>[ディスク クリーンアップ]を選択し起動
  • [ディスク クリーンアップ]ウィンドウで、[システム ファイルのクリーンアップ]ボタンをクリック
  • [ディスク クリーンアップ]タブの[以前の Windows のインストール]にチェックを付けて[OK]ボタンをクリック
  • [ファイルの削除]クリック

参考情報

参考にした情報は多いのであえて書きません。記事に出てくる用語で検索していただければ多数の詳細情報が得られると思います。

理系ジンの今後

以前の予定は中止

以前は、はてなのテーマを作って、GitHub Pagesで使えるようにしようとか、HTML5アプリを開発しようとか色々考えていたのですが止めることにしました。それで、以前予定していた、HTMLやHTML5アプリなどの記事も中止します。

期待されていた方には申し訳ありません。機会があれば改めて記事にしたいと思います。

新たな予定

個人的な興味から、今後の理系ジンは、いわゆる計算物理を扱うことにします。様々な物理の理論を勉強したりコンピュータで計算していこうと思います。特に、いわゆる量子化学に近い内容が多くなる予定です。

最近しばらくは、この辺を色々調べているのですが、もうしばらく調べたほうが良さそうな状況です。いずれ少しずつ記事を書いていきます!